赤ちゃんのテレビ柵の種類と価格と販売店は設置場所で違う

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんのテレビ柵の種類と価格と販売店」についてお話します。

 

好奇心旺盛な赤ちゃんはテレビが大好きで、自然とテレビに近づいていきます。

 

目が悪くなる心配があったり機械を触ってしまったりするので、
近づくたびに引き離しますが、だんだんお母さんはイライラ、
赤ちゃんもご機嫌斜めになってしまうこともよくあることです。

 

そこで今回は赤ちゃんをテレビに近づけないための柵を紹介します。

 

テレビを壁沿いに置いている部屋は?

 

一番テレビ専用の柵として使いやすいのはパーテーションタイプのものです。

 

壁沿いにテレビ台を置き、その周りをパーテーションで囲ってしまうというもので、
商品により組み合わせを変えて長さを調節したり、
角度を変えることが出来たりします。

 

広げて直線にするととても長いので、
テレビ台周り以外にもキッチンエリア用の柵として使うこともできます。

 

またパーテーションの一部にベビーゲートのような、
出入り口がついているタイプを選ぶと、
ベビーサークルのように赤ちゃんエリアとして使うことが出来て便利です。

スポンサーリンク

価格は2万円前後です。

 

部屋の角にテレビを置いている部屋は?

 

壁沿いではなく部屋の角部分にテレビを置いているのであれば、
柵の長さは短くて済むので、ベビーゲートの長いタイプのものを、
使用することもできます。

 

また、使っていないベビーサークルで角度を変えられるものがあれば、
テレビ台ごとサークルの中に入れてしまうこともできます。

 

ベビーゲートやベビーサークルは様々な種類のものが販売されています。
価格は種類によって大きく異なりますが、1万〜2万円前後で購入できます。

 

専用のものはなんだか高い?

 

ここまで紹介してきた赤ちゃん用の柵は赤ちゃん用品店で購入できますが、
定価だと値が張るので「amazon」や「楽天」で、
セール品を探してみるのもいいですね。

 

それでもやっぱり高いという方であれば、思い切って手作りをしてみてください。
百均やホームセンターで販売されている、
ワイヤーネットを結束バンドで組み合わせるだけと、意外に簡単です。
動き回る赤ちゃんのために部屋の中の安全を確保してあげたいですね。

スポンサーリンク