新生児が授乳後に苦しそうな時は?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児が授乳後に苦しそうな時」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんとの授乳タイムは、お互いがまだ慣れておらず
四苦八苦しながら行われることも多いものです。

 

そんな中で、授乳後に新生児の赤ちゃんが苦しそうにしていると、
お母さんは不安になってしまいますよね。

 

授乳後に苦しそうなのはなぜ?

 

新生児の赤ちゃんが授乳後に苦しそうにするのには理由があります。
一番多い理由が、「お腹が苦しい」というものです。

 

新生児の赤ちゃんはまだ授乳になれておらず、
母乳やミルクを飲みこむ際に一緒に空気を飲み込んでしまいます。
するとお腹の中に当然空気が溜まっていきます。

 

その空気が原因でお腹が圧迫され、苦しい!と感じているわけです。
対処方法としては、げっぷを出してやる手助けをすることです。

 

赤ちゃんが空気を飲み込まないようにするには、
赤ちゃん自身が上手な飲み方を習得しなければなりません。

 

ですので、お母さんがしてあげられることは、
飲み込んでしまった空気をげっぷとして外に出してやることになります。

 

上手なげっぷの促し方

スポンサーリンク

通常げっぷは、肩に担ぎあげるなどして背中をたたいたり、
下から上にさすり上げる方法で促してあげます。
しかし、苦しがるほど空気が溜まっていそうなときは、別の方法も試してみましょう。

 

まず初めに赤ちゃんを寝かせて足をもってみましょう。
そのまま自転車をこぐように、クルクルと回転させてください。

 

こうすることでお腹の動きを促し、げっぷだけでなく
おならとして飲み込んでしまった空気を排出しやすくなりますよ!

 

特にげっぷの際にミルクを吐き戻してしまいやすい赤ちゃんの場合、
おならとしてだしてあげることで吐き戻しを減らすことができます。
ぜひ試してみてくださいね。

 

うんちを出そうとしている場合

 

赤ちゃんが授乳後苦しそうにしている場合、
うんちを出そうと頑張っていることもよくあります。

 

特に新生児のうちは、授乳しながらでもおしっこやうんちをするほど、
排泄のタイミングが多いものです。

 

げっぷは出たけれど苦しそうにしている場合、
お腹をののじにマッサージして排便を促してあげるのもよい方法ですよ!

 

新生児のうちはお母さんもまだ赤ちゃんとの生活になれておらず、
赤ちゃんが出すサインがわからないもの。

 

理由がわからないからと落ち込まず、
どうして苦しいのかを予測して対応してあげましょう。

スポンサーリンク