新生児が授乳でむせる時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児が授乳でむせる時の対処法」についてお話します。

 

新生児との生活でお母さんが頭を悩ませるものの一つが、授乳です。
特に新生児のうちは、赤ちゃんもお母さんもお互いに授乳になれておらず、
なかなかうまくいかないことも多いですよね。

 

新生児の赤ちゃんに授乳した際、赤ちゃんがむせてしまうことがあります。
むせて咳き込んだり吐き戻しをするため、お母さんもつい焦ってしまいがちです。
では、赤ちゃんはどんなことが原因で授乳でむせてしまうのでしょうか。

 

母乳や粉ミルクの量が多い、勢いが強い場合

 

1つ目は、ミルクの勢いが強いことが挙げられます。
母乳の出がとても良いお母さんの場合、
おっぱいに触れるだけで母乳が勢いよく飛び出してくることがあります。

 

たくさんの母乳が生産されたため、刺激を受けるとあふれだすわけですね。
この場合、赤ちゃんの口の中でも同じように勢いよく噴射されてしまいます。

 

赤ちゃんの口は当然小さいですから、
勢いよく飛び出してきた母乳を上手に飲むことができず、むせてしまうわけです。

 

赤ちゃんに授乳を行う前に、少し搾乳すると勢いを抑えることができますよ。
ぜひ試してみてくださいね。

 

粉ミルクで授乳をする場合、哺乳瓶の乳首のサイズが大きい可能性があります。
赤ちゃんが嚥下する量に対して哺乳瓶から出てくる量が多すぎると、
飲みきれずにむせてしまいます。

スポンサーリンク

哺乳瓶の乳首には新生児用や生後何カ月用といった、成長に合わせた種類があります。
特におさがりなどで譲り受けた場合、正しいサイズのものかどうかを確認してみてください。
乳首の種類を変えることで、上手に授乳することができるようになりますよ。

 

空腹がすでに満たされている場合

 

2つ目は、すでにお腹いっぱいの場合です。
新生児のうちは母乳の出をよくするため、
一回の授乳で左右両方必ず飲ませるようにと指導されているお母さんもいらっしゃいます。

 

母乳は左右で必ずしも同じくらいの量が生産されるわけではありませんので、
例えば左で授乳をした際に赤ちゃんがたくさんの量を飲むことができた場合、

 

右に切り替えたころにはすでにお腹いっぱいで飲みきれず、
むせてしまうことがあるわけです。

 

毎回のようにむせてしまう場合、左右それぞれの授乳時間を調整してみましょう。
いつも決まったほうから授乳させているのであれば、
スタートするおっぱいを一回ごとに変えてみてもよいですよ。

 

また、授乳の間隔が狭かったり、便秘など
消化不良を起こしている際にもむせることがあります。
粉ミルクの場合、母乳に比べて腹持ちもよいため、量が多いのかもしれませんよ。

 

検診の際に医師に相談して量を調整してみるとよいでしょう。
排便の回数が普段に比べて少なければ、消化不良で便秘の恐れがあります。
お腹をマッサージするなど腸の動きをサポートするのがお勧めですよ。

スポンサーリンク