新生児のうんちの色が緑色はなぜ?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のうんちの色が緑色はなぜなのか」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんのお世話は、授乳、おむつ替え、抱っこ、の繰り返しです。
初めての赤ちゃんの場合全部が初めての体験ですが、
特におむつ替えは驚きの連続でしょう。

 

新生児のうんちに驚く

 

新生児の赤ちゃんのうんちは、様々な色があってお母さんも驚くと思います。
生まれたばかりのころのうんちは黒や深い緑でのりのようにべったりとしています。

 

これは胎便と呼ばれ、赤ちゃんがお腹の中で
羊水を飲み込んだ際に蓄積された不要な成分を輩出しています。

 

胎便が数日続いた後、今度は黄色くて水分が多い
べチャっとしたうんちが出るようになります。

 

ミルク以外の食事をとらない赤ちゃんの便は、
胆汁の色がそのままうんちに反映されるため黄色になるのです。

 

黄色いうんちをするようになると、
今度は時々緑色のうんちを確認することがあります。

 

黄色の中に緑を見つけてしまうと、
焦って慌てて病院に駆け込むお母さんは少なくありませんが、
緑色のうんちは多くの場合正常なものなので安心してくださいね。

 

新生児のうんちは、酸化することで色が変化する

スポンサーリンク

黄色のうんちは、実は酸化することで緑に変色してしまいます。

 

例えば腸内にガスがたまっていたり、
便秘気味でおなかにうんちが溜まったままになると
うんちは腸内で酸化し、緑色に変わってしまいます。

 

また、排泄されたときは黄色いうんちでも、
おむつの上で酸化するとやはり緑色に変わることがあります。

 

この現象は母乳・粉ミルク問わずどんな赤ちゃんにも共通して起こるものですが、
特に母乳の場合、母乳に含まれる成分が原因で緑に変色しやすい傾向があります。

 

このような理由から、うんちが緑色であっても
赤ちゃんの様子に変化がなければ問題はありません。

 

飲みすぎのサインの場合も

 

緑色のうんちは病気のサインではありませんが、
飲みすぎのサインになることがあります。

 

消化が追いつかず体内にうんちが長時間とどまることで、
実際に排出される頃にはうんちは緑色に変色しています。

 

混合育児の場合、初めは母乳の出がわるく補うために
粉ミルクを与えているお母さんは多いと思いますが、

 

授乳を繰り返すうちに母乳がよく出るようになると、
同じように粉ミルクを与えることで飲みすぎになってしまうことがあるんです。

 

母乳量が増えてきたと感じたり、赤ちゃんの体重の増加量が
かなり増えた場合は医師に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク