新生児のうんちの回数が多い時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のうんちの回数が多い時の対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんは、大人では考えられないほど一日に何度もうんちをします。

 

新生児の赤ちゃんは一日に何回うんちをするの?

 

新生児の赤ちゃんは平均して、一日に10回程度うんちをします。
もちろんこれは基準であり、これよりも多く授乳のたびにする子もいれば、
もう少しまとまってする子もいます。

 

特に母乳育児の場合、うんちの回数が多い傾向にあります。
母乳は粉ミルクに比べ消化が良いため、
時には授乳中にうんちをする赤ちゃんもいるほどです。

 

いつもよりもうんちの回数が多い理由

 

新生児の赤ちゃんと生活しているお母さんの多くは、育児メモを付けていると思います。

 

育児メモや日記をつけていると、
今までは一日に何回程度だったのに、
今日はやけに多いなと変化に気づくことがあります。

 

では、新生児の赤ちゃんのうんちの回数が
増える理由にはどんなものがあるのでしょうか?

 

新生児の赤ちゃんのうんちの回数が
増える理由として最も多いのが、ミルクの飲みすぎです。

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんの腸はまだ未熟のため、
腸内に長時間水分をためておくことができません。

 

その結果頻繁に排便を行っているわけで、飲む量が増えれば当然、
ためておけない水分を排出するタイミングが増えていくということです。

 

また、うんちの回数が増える以外にも発熱などの症状が出ている場合、
風邪などの体調不良からくる下痢が考えられます。

 

新生児の赤ちゃんのうんちはただでさえ水っぽいので下痢を見分けるのは難しいですが、
うんちの水分量や機嫌の具合、発熱の有無から新生児の赤ちゃんの体調を見極めましょう。

 

いつもと違う、と感じたら病院へ

 

新生児の赤ちゃんの腸はとてもデリケートで、
些細なことがきっかけでうんちの回数が増えることもあります。

 

多くの場合あまり心配する必要はありませんが、
いつもと違うとお母さんが感じるようであれば病院を受診しましょう。

 

その際、おむつそのものを持参したり写真に残しておくことも忘れずに。
いざという時異変に気が付けるように、
普段からうんちの状態をよく確認しておきましょう!

スポンサーリンク