新生児の縦抱きのやり方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の縦抱きのやり方」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんの抱き方といえば、腕に頭をのせて横向きに抱っこする「横抱き」が一般的です。
しかし、時々まだ小さな赤ちゃんを頭を上にし体を立てた「縦抱き」している様子を見かけることがあります。

 

縦抱きは新生児にしてもよい?

 

縦抱きは横抱きに比べ、お母さんなど抱っこしている人との密着度合いが高い抱き方です。
そのため、横抱きよりも縦抱きを好む赤ちゃんは多くいます。
しかし縦抱きは頭を立てて抱っこするやり方。新生児にするのは不安、という方が多いのではないでしょうか?

 

確かに長時間続けて縦抱きを行うことはよくありませんが、
少しの間縦抱きをする分には、新生児であっても問題ありません。
抱っこしても泣き止まない赤ちゃんであれば、一度縦抱きをしてみませんか?
視線が変わったり密着度が上がることで、落ち着く赤ちゃんも多いですよ!

 

新生児の縦抱きのやり方

 

新生児を縦抱きする場合、赤ちゃんの首をしっかりと支えてあげるのがポイントです。

スポンサーリンク

横に寝かせた赤ちゃんの首の下に手を入れて、しっかりと支えます。
反対の手で背中やお尻のあたりを支え、お母さん自身が赤ちゃんに近づきます。
そして赤ちゃんを優しく持ち上げ、お母さんの体に密着させましょう。
これで縦抱きの完成です。
縦抱きをしている間は、必ず首を支えてあげること。
首が座っていない新生児の赤ちゃんにとって、重力は大きな負荷になります。
首を支えてあげないと重力がぐっとのしかかり、頸椎を痛めることもありますよ。
また、同じ理由から長時間縦抱きを続けることもお勧めしません。
縦抱きで泣いている赤ちゃんを落ち着かせ、落ち着いて来たら横抱きに切り替える、など、
縦抱きを長時間継続しないよう工夫をしましょう。

 

縦抱きは慣れないうちは難しい抱き方かもしれませんが、慣れればとても有効な抱き方です。
授乳の際に縦抱きで授乳すると、横向きで授乳する時とは異なり、いろんな場所の母乳を飲んでくれます。
お母さんのおっぱいにとってもメリットがありますし、赤ちゃんにとっても乳首の位置が近くなるため飲みやすくなりますよ。
縦抱きになれて来たら、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

スポンサーリンク