新生児はロンパースをいつから使えるの?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児はロンパースをいつから使えるのか」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんの準備をするために赤ちゃん雑誌などを見ていると、
見かける「ロンパース」という文字。

 

まんまるとしたお尻が可愛く見えるこのロンパース、
わが子に着せてみたい!と思うお母さんは多いですよね。

 

そもそもロンパースって?

 

そもそも「ロンパースって何?」と思うお母さんも少なくないでしょう。
ロンパースは、一般的にはこのような商品とされています。

 

・上下がつながり、股下部分でスナップで止める
・基本的に裾がない。太ももは丸出しになる
・肌着としても洋服としても使える

 

似たような種類として、カバーオールがあります。

 

カバーオールは、肌着の上から肌をカバーするように着させる洋服で、
肌着として利用することは基本的にありません。

 

このようにロンパースとカバーオールには、
「肌着として利用できるかどうか?」の違いがあります。

 

しかし赤ちゃん用品業界でも混同されやすく、
実際には裾があるけれどロンパースとされているものも多くみられます。

 

区別はあるものの、非常に曖昧になっているのが現状です。

 

ロンパースは新生児から使える?

 

ロンパースを着た赤ちゃんは、赤ちゃん独特の
フォルムが際立ってとっても愛らしいものです。

 

そんなロンパース、新生児の赤ちゃんは着ることができるのでしょうか?

 

実際のところ、サイズさえ合えば使うことはできます。
ただし、問題点がいくつか生じるのです。

スポンサーリンク

1.股を止めるのが面倒

 

新生児の赤ちゃんは着替えやおむつがえが頻繁です。
そのため、何度もおむつを替えているうちに
スナップを止めるのが面倒になってきます。

 

ロンパースは太ももが出ているものが多く、股下部分のスナップを止めないと
お尻を覆うはずの布が役目を果たせず、下半身が冷えやすくなってしまいます。

 

カバーオールを着せている場合、
股下スナップを止めなくてもお尻部分はカバーされますが、

 

スナップを止めるのが面倒という意見は同様で、
結局普段股下のスナップを止めていない、という家庭は少なくありません。

 

2.頭からかぶるタイプが多い

 

ロンパースとして販売されている商品の大半が、頭からかぶせて着せるタイプです。
特にサイズが大きくなればなるほど、前空きのものは少なくなります。

 

新生児の赤ちゃんの場合、首が座っておらず体もまだふにゃふにゃですので
頭から着せるタイプの洋服は非常に着せづらいため、お勧めしません。

 

成長とともにロンパースは大活躍!

 

新生児の赤ちゃんの場合、サイズさえ合えばロンパースを着せることはできます。

 

しかし今まであげたように、新生児の赤ちゃんに
ロンパースを着せることにあまりメリットもありません。

 

ロンパースは成長とともに非常に頻繁に使うアイテムになります。

 

新生児の今、無理して利用しなくても、
お座りができるようになるころからは大活躍すること間違いなし!
赤ちゃんやお母さんが使いやすい洋服を選んでみてくださいね。

スポンサーリンク