新生児が黄疸でよく寝る理由とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児が黄疸でよく寝る理由」についてお話します。

 

新生児の育児中、またこれから出産を迎えるお母さんに質問です。
新生児黄疸という言葉を聞いたことはありますか?

 

新生児黄疸とは

 

生まれて2,3日たった新生児の赤ちゃんの目や皮膚が
黄色く見えるようになることが、しばしばあります。

 

この現象が、新生児黄疸です。

 

新生児黄疸自体は珍しいものではありません。
生後2,3日で現れ始め、2週間ごろには
落ち着いているケースが多いです。

 

目や皮膚が黄色くなる新生児の赤ちゃんは
9割に上る、といわれていますので、

 

黄色く見えるようになったからといって
大慌てする必要はありませんよ。

 

黄疸ができる理由

 

黄疸は肝臓の働きが不十分である際に出現する症状です。

 

お腹の中で過ごしているとき、赤ちゃんは
酸素を取り入れるために赤血球が多い状態でいます。

 

それが出生後外に出ると、自発呼吸により
酸素を取り入れることができるようになるため、
赤血球の量が過多になり多すぎる分を分解し、適正量を保とうとします。

 

この、分解する作業時に「ビリルビン」
という黄色い色素を持つ成分が作られます。
赤ちゃんのうんちが黄色になる原因の成分ですね。

 

このビリルビン、通常は肝臓で処理されて排出されるのですが、
新生児の場合肝臓の働きが追いつかず、
処理しきれないことがあります。

スポンサーリンク

この処理できなかった分が、黄疸として表れてしまうのです。

 

黄疸ができてよく寝る場合は要注意

 

このように、黄疸はどんな赤ちゃんにも
できていて不思議ではない症状です。

 

しかし、黄疸があって、
かつよく寝る赤ちゃんの場合には注意が必要です。

 

黄疸の症状がいつまでも改善しない場合、
赤ちゃんの体内では肝臓が休みなく働き続けています。

 

そうなると当然小さな体に負担がかかるようになりますね。

 

そのため、小さな体は睡眠時間を
多くとって、体力を増やそうと試みます。

 

つまり、黄疸の症状が引かずに睡眠時間が長い場合、
それだけ体力を消耗している証拠になるのです。

 

このような状況になった場合、小児科医に相談してください。

 

長期間ビリルビンの量が減っていかない場合、
重症のケースだと脳に障害が
残ってしまう可能性があります。

 

新生児黄疸が強い場合、うんちの色が薄い
・おしっこの色が濃いという特徴もあります。

 

医師に相談する際に、写真や実物を持っていくとよいですね。

 

新生児黄疸の治療法は、
「光線療法」や「輸血」といった方法があります。

 

黄疸について不安に感じることがあれば、
一人で悩む前に医師に相談してくださいね!

スポンサーリンク