新生児のおならが多い時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のおならが多い時の対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんの中には、よくおならをする赤ちゃんがいます。
こんなに小さいのに立派におならをする姿に、ちょっと笑ってしまうというお母さんもいるのではないでしょうか?

 

新生児の赤ちゃんはげっぷの代わりにおならをする

 

特におならのタイミングで多いのが、授乳中や授乳後です。
一生懸命おっぱいを飲みながら大きな音を立てておならする、なんて光景はよく見られるもの。
これ、実はげっぷの代わりにおならで飲み込んだ空気を排出しているんです!
授乳後におならをするのも、多くの場合はげっぷの代わり。
うちの子全然げっぷしない…そう思っているお母さんは、赤ちゃんの様子を確認してみましょう。
授乳中や授乳後におならをしていませんか?
おならとして空気を排出しているため、げっぷをしないというわけなんですよ。

 

消化不良のおならはにおう

 

新生児の赤ちゃんはまだ母乳や粉ミルクしか摂取していないため、基本的にはおならもにおいません。
しかし、時々におうおならをすることもあります。
これは、大人と同じで消化不良や便秘のサインです。

スポンサーリンク

授乳量が多く消化が追いつかないと、腸内に吸収しきれなかった水分が溜まっていきます。
当然、体内にとどまる時間が増えるためミルクが発酵し、悪玉菌が発生します。
すると、排出されるおならはくさくなる、というわけです。

 

おならの回数を減らしたいときは?

 

げっぷではなくおならで空気を排出する赤ちゃんの場合、
空気を上にあげるよりも下におろすほうがあっているのかもしれません。
もしおならではなくげっぷとして排出してほしい、という場合は、
げっぷが出やすくなるよう促してあげましょう。
一般的なやり方は赤ちゃんを肩に担ぎあげて背中を下から上に優しく撫で上げる方法ですが、
他にも、一度赤ちゃんを寝かせて抱き起してあげる方法があります。
姿勢を変えることで空気の移動を促す原理です。
もちろんおならになってしまう可能性もありますが、試してみてくださいね。

 

また、消化不良や便秘でおならが多い時には、腸の動きを促してあげる必要があります。
赤ちゃんを寝かせてお腹を優しく「の」の字にマッサージしてあげましょう。
長時間排便がない場合は、浣腸も有効です。
ベビー綿棒にベビーオイルをつけて、ほんの少しだけ肛門に挿入します。
自分でやるのが怖い、という人は小児科に相談してもよいですよ。
長期間の便秘は赤ちゃんにとってもつらいもの。早めに対処してあげましょう。

スポンサーリンク