新生児の熱が37.7度の体温の時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の熱が37.7度の体温の時の対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんのお世話をしていたら、手足や体がなんだか熱いような…
体温を測ってみたら37.7℃だった!
そんな時、お母さんやお父さんはどのように対処したらよいのでしょうか?

 

新生児の赤ちゃんの平熱を知ろう

 

「どのくらいの熱が出たら発熱として受診したらいいの?」
初めての育児に頑張っているお母さんからよく聞かれる悩みです。

 

子供の場合、37.5℃以上で発熱とされています。
これは予防接種の可否基準にもなっています。

 

とはいえ、大人と同じように赤ちゃんにも平熱が存在します。
基本的に赤ちゃんは大人よりも体温が高いことが多いので、
37.7℃でも平熱が37.3℃ぐらいであれば微熱程度といえますよね。

 

「実際に発熱かも?」という判断をするためには、
新生児であっても平熱を知っておくことが大切です。

 

朝と夜で平熱に差がある子は少なくありませんので、
可能であれば朝・昼・晩と一日3回体温を測る習慣をつけましょう。
いざという時慌てないため、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

熱を測ったら37.7℃!受診の目安は?

 

平熱が低くても高くても、受診の目安は同じです。
まずは赤ちゃんの様子をよく見ましょう。

スポンサーリンク

いつもと比べて調子はどうでしょうか?ぐったりしていませんか?
排尿の回数が減ったり、授乳の飲みが悪かったりしませんか?

 

平熱が低くて37.7℃は発熱といえる場合でも、
赤ちゃん本人が元気で機嫌もよく、排尿も授乳も問題なければ様子を見てかまいません。

 

新生児の場合発熱のほかに目立った症状がなければ、
小児科を受診しても薬の処方がないケースも多いです。

 

部屋が暑い、着せすぎで体に熱がこもっているだけでも熱は上がりますので
布団を一枚はがす、洋服を調整するなどしてみるとよいですよ。

 

反対に微熱程度だとしても、赤ちゃんが
つらそうにぐったりしているのであれば小児科を受診しましょう。
尿が出なかったり授乳しても飲まない場合、脱水症状になっていることもあります。

 

悩んだら受診。または相談を!

 

赤ちゃんの様子をよく観察し、体温よりも異変の有無を受診の目安にするとよいですね。
それでも受診するか悩んでしまう場合、
受診してしまったほうがお母さんも安心できるのではないでしょうか?

 

夜間の場合、なかなか昼間のように受診するというのは難しいものですよね。
そんな時は「小児救急でんわ相談」へ電話してみましょう!
電話番号はネットで「小児救急でんわ相談」と検索してみてくださいね。

 

受診すべきかどうかの相談をすることができますよ。
覚えておいてくださいね!

スポンサーリンク