新生児が寝ないで泣く時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児が寝ないで泣く時の対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんと過ごすうえで、お母さんお父さんを悩ませる大きな問題。
それが、「寝ない」「泣く」という現象です。

 

新生児の赤ちゃんが泣いて寝てくれない!

 

新生児の赤ちゃんは当然ながら、お話をすることができません。
そのため、何か要求があると泣いてアピールを行います。

 

赤ちゃんが泣くとお母さんお父さんは要求が何かを推測し、対処しますよね。
毎日がこの繰り返しです。そのため、お母さんもお父さんも日に日に疲弊していきます。

 

少しでも疲れを取って育児をするために寝たい。
そのためには赤ちゃんにも寝てもらわなければいけない。
なのに、赤ちゃんは泣いて泣いて寝るどころではない。

 

大泣きする赤ちゃんを前に、途方に暮れてしまう。そんな経験、ありませんか?
多くのお母さんが経験する道です。

 

泣いて寝てくれないとき、どうしたらいいの?

 

赤ちゃんが泣いているということは、何か不満を持っているということ。
寝てもらうためにはまず泣き止んでもらわなければいけませんので、
どうして泣いているのかを推理してみましょう。

 

赤ちゃんが泣く理由はいくつかあります。

 

授乳が足りていない、おむつを替えてほしい、
うんちしたいのに出ない、抱っこしてほしい、構ってほしい。

 

これらの場合、その要求を解決してあげることで
ひとまず泣き止んでもらうことができます。

 

また、赤ちゃんは眠くて泣いてしまうこともあります。
眠いなら寝たらいいのに…そう思ってしまいますよね。

 

おそらく、赤ちゃんだってそうしたいはずです。

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんは、眠いから寝よう!
そう思って寝ることができるわけではないのです。

 

眠いから寝たいけれど、どうやって寝たらいいのかわからないのです。
そのため、助けて!!と大泣きするんですね。

 

この現象は特に夕方によく起きるとされています。
「黄昏泣き」という言葉を聞いたことはありませんか?

 

夕方になると日中の疲れが出て、何をしてもダメなほど激しくぐずってしまうのです。

 

基本は根気強く付き合おう。

 

いずれの場合も、赤ちゃんの中で不満が
解消しなければ泣き止みませんし、寝てくれません。

 

お母さんもお父さんもつらいですが、根気強く付き合ってあげましょう。

 

赤ちゃんはおなかの中と同じように包まれた状態になると落ち着きます。
抱っこひもを使ったりしながら、
体への負担を軽減しつつ抱っこしてみてくださいね。

 

根気強く付き合ってきたけれど、もう限界。
そんな時には自分の時間を作りましょう。

 

里帰りなどでほかにも面倒を見てくれる人がいるのであれば、
ほんの数時間でもいいので面倒を任せてみましょう。

 

自分一人しかいない場合は、転落や窒息の危険がない状況を作って、
赤ちゃんを寝かせて起き、好きなTVを見たり飲み物を飲むなどして
一人の時間を作りましょう。

 

罪悪感を感じる必要はありませんよ。
息抜きの時間は必要不可欠なもの。
本当に参ってしまう前に、試してみてくださいね。

スポンサーリンク