新生児が寝ないで泣かない原因とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児が寝ないで泣かない原因」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんは寝ている時間が長い。
そう思っている人は少なくありません。

 

しかし、実際にはそればかりではありません。
寝ない赤ちゃんもたくさんいます。

 

新生児が寝ないし泣かない!どうして?

 

新生児の赤ちゃんが寝ない!
そんな時、お母さんはどう感じるでしょうか?

 

多くのお母さんは、少しでも睡眠をとりたい為
赤ちゃんにも眠ってほしい、そう感じるのではないでしょうか。

 

しかし、新生児の赤ちゃんにはいろんなタイプの赤ちゃんがいます。
大人にも短時間睡眠派と長時間睡眠派がいるように、
新生児の赤ちゃんにも寝る派と寝なくても平気派が存在するのです!

 

赤ちゃんにとって睡眠が十分に足りているからこそ、
泣かずに元気に起きているんですね。

 

寝ないし泣かない!そんな時、赤ちゃんは何をしている?

 

新生児の赤ちゃんは自らの意志で体を上手に動かすことはできません。
そんな状態で、赤ちゃんは何をしているのでしょうか?

スポンサーリンク

機嫌よく起きている赤ちゃんは、実は観察をしていることが多いです。
赤ちゃんの目は最初からしっかり見えているわけではなく、
すこしずつぼんやりと見えていきます。

 

そして1カ月に近づくころ、ぼんやりと見える景色を景色として認識し、
観察するように眺めるようになります。

 

自分の手やお母さんの顔が近づいてくる様子を認識するようになり、
その変化を楽しんでいる赤ちゃんもいるんですよ!

 

機嫌よく一人遊びしているようなもの

 

泣かずに寝ないで起きている赤ちゃんは、
いわば一人遊びをしているようなもの。

 

寝ないからといってお母さんが不安に思う必要はありませんよ。
機嫌よくいてくれてラッキーと思っていいでしょう。

 

お母さんに余裕があれば、赤ちゃんの前に
顔を出したり、隠れたりしてみてください。

 

まだ笑うことはありませんが、
赤ちゃんはお母さんの行動にもっとご機嫌になるはずですよ!

 

もちろん、このご機嫌な時間のうちにお母さんが休憩してもいいんです。
赤ちゃんのお世話は大変なもの。
休めるときに休憩し、心と体をリセットしましょう!

スポンサーリンク