新生児が寝ない時放置しても良いの?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児が寝ない時放置しても良いのか」についてお話します。

 

新生児との生活は楽しいこともあれば、つらいこともたくさんあります。
お母さんの望み通りに寝たり起きたりしてくれるということは、まずありません。

 

そのため、毎日が過ぎていく中で疲労がたまり、
赤ちゃんと接するのがしんどい…というタイミングが現れます。

 

たっぷりと睡眠をとる赤ちゃんであればお母さんも休みやすいですが、
あまり寝ないタイプの赤ちゃんの場合、
赤ちゃんが起きているけれど休みたい、そう思うことも増えていくはずです。

 

新生児が寝ないとき、放置してはダメ?

 

ほんの少しでいいから休憩したい、
だけど赤ちゃんを放置するなんて母親失格なのでは…
そう思い詰めるお母さんも多いと思います。

 

しかし、そんな風に思い詰める必要はありません。
毎日一生懸命赤ちゃんと向き合っている中の、
ほんの少しの時間放置しても問題ありませんよ。

 

放置するとサイレントベビーになる?

 

初めての赤ちゃんの場合、育児をしていく上で
気にするのが「サイレントベビー」です。

 

赤ちゃんの要求に全く答えず放置を繰り返すと、
やがて赤ちゃんが要求を起こさなくなり、
泣くこともなくなってしまうことをこう呼んでいます。

スポンサーリンク

赤ちゃんが泣いているのに放置したら、
愛情不足でサイレントベビーになるのでは?
と不安に思うお母さんは多いです。

 

しかし、普段しっかりと向き合って接していれば、
少しの間放置していてもサイレントベビーになることはありませんよ!

 

要求にこたえてもらえない積み重ねた経験が生み出すのがサイレントベビーです。
そのことを覚えておいてくださいね。

 

精神的に不安定なのはホルモンのせい

 

お母さんの中には、ほんの少しの時間赤ちゃんを放置したことに対して
強い罪悪感を感じ、落ち込んだり後悔して泣いてしまう方がいます。
実は、産後はホルモンの影響で非常に不安定な精神状態にあるんです。

 

例えば、身内が育児に対して語った経験談が押しつけがましく感じてしまったり、
小さなことにイライラしてしまうのもこの影響です。

 

泣くという行為は、心のバランスを保つ上で効果的なものです。
放置したことに対して申し訳なくて泣いてしまっても構いません。

 

ただし、忘れてはいけないのはそのことで
自分をダメなお母さんだと思い込まないということ。
気が済むまで泣いたら、「これはホルモンのせい。

 

少し放置したって平気なんだ」ということを
自分にしっかり言い聞かせることを忘れないでくださいね。

 

育児はこれからもずっと続いていくものです。
どこかで息抜きが必ず必要になってきますから、
新生児のうちから息抜きのタイミングを作っていくとよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク