新生児のミルクの量の目安とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のミルクの量の目安」についてお話します。

 

ほしがるだけ飲ませて、と指導される母乳とは異なり、
ミルクの場合は授乳の時間や量にある程度の目安が定められています。

 

これは、ミルクは母乳と違って腹持ちがよいこと、
栄養がふんだんに盛り込まれていることが理由です。

 

新生児の赤ちゃんに与えるミルクの量って?

 

新生児の赤ちゃんに与えるミルク量は大まかに定められています。
特に新生児の場合、生まれたての赤ちゃんから生後1か月に近い赤ちゃんまで
成長に大きな差がありますので、成長に応じて量を調整してあげる必要があります。

 

こちらでは、母乳との混合ではなくミルクでの授乳の場合の目安をご紹介します。

 

・1日の授乳回数:7〜8回
・誕生〜生後7日目までの目安:20〜80ml

 

生後7日目までのミルクの量は、以下の計算式で計算をしています。

 

 生後日数×10ml+10ml

 

・生後8日目〜生後14日目:80ml
・生後15日目〜生後1か月:100〜120ml

 

ミルクを与えすぎることで起きる影響は?

 

一日に与えることができるミルクの目安量は定められていますが、
赤ちゃんの中にはそれでは足りずにもっとほしがる子もいます。

スポンサーリンク

もちろん赤ちゃんそれぞれ体型や食欲にも個人差がありますので、
目安きっちりにしなければいけないわけではありませんが

 

あまりにも目安から外れる授乳をしてしまうと、
赤ちゃん自身に影響を与える可能性があります。

 

ミルクは母乳に比べて腹持ちが良いものです。
そのため、ミルクを飲みすぎるとうんちの量や回数が自然と増えてしまいます。

 

新生児の赤ちゃんのお尻はとっても繊細なもの。回数が増えることで、
お尻がかぶれたり切れ痔を引き起こす恐れがあります。

 

またミルクには栄養がたっぷり含まれているため、
飲ませすぎると肥満になるともいわれています。

 

あまりにも目安量から離れた授乳をしている場合は、
医師とも相談の上量を調整してみてくださいね。

 

どうしてもほしがる場合

 

医師と相談したうえで量の調整をしたにもかかわらず、どうしてもほしがるような場合、
哺乳瓶の乳首を見直してみるとよいでしょう。
哺乳瓶の乳首には月齢別で様々な種類があります。

 

乳首の先に穴が1つのものもあれば、複数のものもあります。
また、強く吸い込まないと授乳できないようなものもあります。

 

時間をかけて授乳をすると、その分満足できるようになりますので
お悩みの方はぜひ試してみてくださいね!

スポンサーリンク