新生児の目が細い理由とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の目が細い理由」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんが生まれて少し経つと、お母さんたちから聞こえてくる声があります。
「うちの子、目が細い」「両親ともに二重なのに一重だ」
可愛いわが子だからこそ、気にしてしまう本音だと思います。

 

新生児の赤ちゃんの目が細いのはなぜ?

 

赤ちゃんの目の大きさは、生まれる前にお父さんとお母さんの遺伝ですでに決まっています。
そのため、お父さんお母さんが切れ長の目であれば赤ちゃんもそうなります。
一重か二重か、というのも同じで、これも遺伝によるものです。

 

お父さんお母さんのどちらかが二重であれば、日本人の遺伝上二重の遺伝子が優勢なので、
今は一重でも将来的に二重になる可能性は大いにあるんですよ。

 

くわえて、生まれたばかりの赤ちゃんの顔はむくんでいるものです。
生後数日たって退院のころにはむくみが解消されていき、
少しすっきりした顔立ちになります。

 

産後すぐの写真と今を見比べると別人!そんなケースはとても多いんですよ!
また、赤ちゃんは脂肪がつきやすいです。
まだ運動量が少ないため、栄養をたっぷり補給すると特に体に脂肪がつくようになります。

スポンサーリンク

瞼も例外ではなく、ぷくぷくとした赤ちゃんは
目がはれぼったく見えることも少なくありません。

 

いずれも、成長とともに解消されていくもの。
焦らず、大きな気持ちで見守ってあげてくださいね。

 

赤ちゃんは近眼!

 

実は、赤ちゃんは近眼です。
0.01-0.02程度の視力しか持たないとされており、
これは、学校でよくある視力検査の一番大きなものがぼんやりと見える程度の視力です。

 

遠くのものを見るとき、見えないものを見るとき、
思わず目を細めてしまうことはありませんか?

 

新生児の赤ちゃんは1カ月に近づくと、周囲の景色をぼんやりと認識するようになります。
景色に興味をもって積極的に見ようとすると、目を細めてしまうこともあるというわけです。

 

稀に、病気の場合も

 

稀に「先天性眼瞼下垂」という病気の場合もあります。
この病気は瞼の筋肉がないことが原因で起きる病気です。
瞼をしっかりと持ち上げるほどの筋肉がない場合、目を細めているような状態になります。

 

先天性眼瞼下垂は自然治癒することはなく、外科治療が必要な病気です。
誕生してからずっとしっかりと目を開けてくれないな、
そう感じていたら医師に相談してみましょう。

スポンサーリンク