新生児の子育てで注意すべき点とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の子育てで注意すべき点」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんとの生活は、毎日が喜びや驚き、不安の連続です。
そんな新生児の赤ちゃんとの生活で注意すべき点をご紹介します!

 

新生児は寝返りが打てない。窒息しないよう気を配ろう!

 

新生児の赤ちゃんのお世話で欠かせない存在に「ガーゼ」があります。
げっぷさせる際に使ったり、あふれた母乳をぬぐったり、とにかくよく使いますよね。
そのため、赤ちゃんのすぐそばに置いておくお母さんも多いです。

 

しかしこのガーゼは、軽いからこそ注意が必要です。
風に乗ってふわりと赤ちゃんのお顔にかかってしまうことがあります。
新生児の赤ちゃんはまだ寝返りが打てませんし、動きも大きくありません。

 

そのため顔にガーゼが乗ってしまっても自分で取り除くことができません。
また、赤ちゃんの鼻はとても小さいので、
ほんの小さなものでも鼻の穴をふさいでしまいます。

 

こうなると窒息の恐れが出てくるわけです。
新生児の赤ちゃんを寝かせて目を離すときには特に注意しましょう。

 

すべてをがんばりすぎない。力を抜く練習を!

 

特に初めての育児のお母さんに知ってほしいのが、
頑張りすぎるのはよくないということです。
新生児の赤ちゃんは何をするにも手助けが必要です。

スポンサーリンク

ただでさえ産後で疲れた体のまま、お母さんは赤ちゃんと向き合います。
疲れた体では思うように家事ができなかったり、
赤ちゃんのお世話がしんどいと感じてしまうことがあるんです。

 

そんな時、「どうしてちゃんとできないんだろう」と
自分を責めてしまわないようにしましょう。

 

赤ちゃんのお世話は、どんなに子だくさんなお母さんだって大変なものです。
周囲、とくに出産を経験した先輩方は様々なアドバイスをくれると思いますが、
それが重荷に感じてしまうことだってあるでしょう。

 

しかしそれは当たり前のこと。
受け入れられないと感じた意見は流してしまっていいんですよ。

 

家事だって同じです。
身重の体でできていたことが、産後うまくいかないことはよくあることです。
出産前と同じように家事ができるなんて初めから思わないことが大切です。

 

できることだけを無理のない範囲で行う、そう心に言い聞かせましょう。
育児はまだ始まったばかりです。
今のうちから力を抜けるようになるといいですよ!

 

産後の精神的に不安定になる時期だからこそ、
自分の気持ちをコントロールできるようにしていきましょう。

スポンサーリンク