新生児の子育てが辛い時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の子育てが辛い時の対処法」についてお話します。

 

出産をおえて疲れた体を抱えたまま、新生児の育児はスタートします。
特に初めての赤ちゃんであればお母さんはわからないことだらけで、
些細なことにも不安になってしまうものです。

 

赤ちゃんの挙動だけではなく、周囲の何気ない一言にさえ
傷ついてしまう人は少なくありません。

 

新生児の子育てが辛い…

 

新生児の赤ちゃんには昼夜の区別がありません。
そのため何時であろうと授乳は必要で、夜だからといって
お母さんは休むことができません。

 

新生児の赤ちゃんにも個性があり、あまり泣かない子もいれば、
なかなか寝ないしいつも泣いているタイプの赤ちゃんも当然います。

 

寝不足で疲れた体で一生懸命育児をしているけれど、
赤ちゃんは泣きやんでくれないし寝てもくれない。

 

どうしたらいいかわからなくなって、新生児の子育てが辛い…
そう思い悩んでしまうお母さんはとても多いです。

 

子育てが辛い時の対処法

 

子育てが辛らくてどうしようもないときは、
ほんの少しの時間でいいので赤ちゃんのお世話の手を止めてみましょう。

 

タオルなど顔を覆ってしまう可能性のあるものを排除し、
転落の心配がない場所に寝かせ、
お気に入りのお菓子や飲み物を飲んで一息ついてみてください。

スポンサーリンク

赤ちゃんは泣くのも仕事の一つです。
肺機能のトレーニングだ!とわりきって、
泣かせておくのも決して悪いことではありませんよ。

 

また、スマートフォンやパソコンで
同じ悩みをもっているお母さんの意見をさがすのもとても良い対処法です。
赤ちゃんが小さいうちの子育ては孤独を感じやすいもの。

 

インターネット上では、同じ悩みをもつお母さんが
自分の気持ちを赤裸々に吐露しています。

 

自分と同じ悩みを見ることで、自分だけではない、
みんな同じ気持ちを抱えてるんだ!と孤独感を払拭することができますよ。

 

「ながら育児はよくない」なんて意見を耳にするかもしれませんが、
あまり気にせず、気持ちのリフレッシュを取り入れるようにしましょうね。

 

産後は精神的に不安定になるもの!

 

産後はホルモンバランスの関係で、
自分以外のすべての人に対してイライラしてしまうようになっています。

 

特に身内や、育児に対して口をはさんでくる人に対しては
強くイライラを感じてしまいますが、仕方のないことなんですよ。
貴女だけではありません、出産したすべての女性共通のものなんです。

 

些細なことに腹を立てる自分に嫌気がさしてしまうかもしれませんが、
そこは「産後だから仕方ない!体が変化するうえで必要なこと!」
と割り切ってしまいましょう。

 

SNSなどで気持ちを吐き出してしまうのも、
心のバランスをとるうえで有効な手段ですよ。
活用してみてくださいね。

スポンサーリンク