新生児の子育てはイライラばかりなの?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の子育てはイライラばかりなのか」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんとの生活は毎日忙しく、あっという間に過ぎていくもの。
出産した時は確かに喜びでいっぱいだったのに、

 

毎日へとへとになってお世話をしているうちに
気が付いたらいつもイライラしてばかり…
そう悩むお母さん、実は少なくありません。

 

新生児の子育てにイライラしてしまう!

 

新生児との生活は、とても変化が大きい毎日です。
生まれたばかりでふにゃふにゃと泣くことすらままならない赤ちゃんから、
ミルクをたくさん飲んで大きな声でなく赤ちゃんに成長していくのがこの時期です。

 

赤ちゃんも新しい世界になじむために毎日大変な思いで頑張っていますが、
日々変わっていく赤ちゃんを世話するお母さんだって、
変化についていくのに精いっぱいですよね。

 

生まれたときはあんなにおとなしかったのに、毎日泣いてばかり。
あやしても泣いてくれず、そんな赤ちゃんに
イライラしてしまうのはとても自然なことなのです。

 

産後はホルモンの影響でイライラしやすいもの

 

また、それに加えて産後の女性は
ホルモンバランスの乱れが影響でイライラしやすいものなんです。

スポンサーリンク

今まで気にならなかったお父さんの行動がやたら目に付くようになったり、
他人が育児について語る言葉がやけに耳障りになったりします。

 

産後のお母さんがイライラを抱えてしまうのは、
すべてのお母さんに共通の現象なんですよ。

 

イライラを仕方ないと割り切って。生まれたころの気持ちを思い出す!

 

出産の影響で変わるホルモンバランスは、
戻そうと思って戻せるものではありません。
この際、イライラしてしまうのは仕方ないことだと割り切ってしまいましょう。

 

お母さんの中にはイライラしてしまう自分に
自己嫌悪して悪循環にはまってしまう方も少なくありません。

 

イライラは女性ホルモンの影響上仕方ないことだと言い聞かせることで、
自己嫌悪する機会を減らしていくことが大切です。

 

また、新生児の子育てでイライラが募ってきたときには、
生まれたばかりの時のことを思い出すことも有効です。
具体的には産後とった写真やビデオを見たり、妊婦のころを思い出すとよいでしょう。

 

生まれたときの喜びや愛しさがよみがえり、
気持ちを落ち着かせることができます。

 

この時期のお母さんはホルモンバランスの影響で涙もろくなっているため、
ビデオや写真を見ることで泣いてしまうこともあると思います。
しかし、涙は流すと気持ちをすっきりさせてくれる効果があります。

 

泣いた後はすっきりしてイライラも軽減されますよ。
イライラが募って来たら、ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク