新生児の呼吸が苦しそうな時は?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の呼吸が苦しそうな時」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんの様子を見ていたら、なんだか苦しそうに呼吸をしている…。
そんな経験があるお母さんもいるのではないでしょうか?

 

慌てて病院に駆け込む前に、
なぜ苦しそうに呼吸をしてしまうのかを学んでおきましょう。

 

新生児の呼吸が苦しそうな理由

 

新生児が苦しそうに呼吸をしてしまうのには、いくつか理由があります。
1つ目は、疲れから息が上がっている場合です。

 

新生児の赤ちゃんはつい先日までお母さんのおなかの中におり、
まだまだ肺を使った呼吸を始めたばかりです。

 

大人が運動した疲れで「ぜぇぜぇ」いうのと同じように、
赤ちゃんも疲れて息が上がってしまうことがあります。
特に生まれて間もない場合は授乳をするだけで疲れてしまう赤ちゃんもいるんですよ。

 

2つ目は、鼻づまりです。
赤ちゃんの鼻の穴はとても狭く、また粘膜も敏感です。

 

ミルクが逆流したりするとミルクカスが詰まったり、
鼻水が出ていれ鼻水で鼻詰まりが起きてフガフガとした呼吸になってしまいます。
粘膜が敏感なため、乾燥から鼻づまりが生じることもよくあります。

 

3つ目は、誤飲です。

 

新生児の赤ちゃんの場合自分で何かをつかんで口に入れる、
ということはまだ少ないですが、誤ってものを飲み込んでしまった場合、
気管をふさいで苦しそうにしている可能性があります。

 

呼吸が苦しそうな時の対処法

スポンサーリンク

まず初めに、誤飲が疑われる場合は、迷わず医療機関を受診しましょう。

 

疲れから呼吸が苦しそうにしている場合、
成長とともに体力がついてくるため収まるようになります。

 

授乳後や手足をバタバタさせた後など、
特定のタイミングで「ぜぇぜぇ」しているのであれば心配ありませんよ。
体力がついてくるのを待ちましょう。

 

鼻詰まりから苦しそうな場合、鼻水を取り除いてあげましょう。
直接鼻を吸ってあげてもよいですが、
薬局などで鼻を吸うための吸引機が販売されています。

 

そちらを利用することをお勧めしますよ。
鼻水が粘着性があり吸えないときには小児科へ。電動の吸引機で吸引してもらえます。

 

鼻の穴をのぞいてみて鼻くそや鼻水の塊が確認できた場合、
ベビー綿棒などで除去してあげましょう。
ただし無理は禁物です。

 

とれなそうな奥に位置している場合は、小児科にお願いしてくださいね。
また、乾燥が原因の場合加湿することで症状を和らげることができます。

 

冬は特に起こりやすいので、加湿器を焚いてあげるとよいでしょう。
温めたタオルの蒸気を近くから充ててあげるのもよいですね。

 

普段と違うと感じたら、病院へ

 

呼吸が苦しそうであっても、必ずしも緊急性を伴うわけではありません。
しかし、普段と違うとお母さんが感じたら迷わず病院へ行きましょう。

 

中にはアレルギーなどで息苦しくなっていることもあります。
様子をよく観察し、違うと感じたらお母さんの直感を信じて行動してくださいね。

スポンサーリンク