新生児に風邪がうつる原因と対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児に風邪がうつる原因と対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんはお母さんの免疫が残っているから風邪をひかない、
なんて言葉を聞いたことはありませんか?

 

事実、新生児の赤ちゃんには確かに、
お母さんからもらった免疫が残っています。

 

しかし、だからといって赤ちゃんが風邪をひかない、
というわけではありません。

 

新生児の赤ちゃんが風邪をひく理由は

 

新生児の赤ちゃんは確かにお母さんの免疫をもらっていますが、
その免疫力ですべての病気を跳ね返すことができるわけではありません。

 

そもそも新生児の赤ちゃんはまだ生まれたばかりであらゆる部分が未発達であり、
もらった免疫力で病気にならない、なんてことはないのです。

 

たとえばお母さんが免疫を持っていた病気に対しては、効力があるかもしれません。
しかし、基本的には新生児の赤ちゃんはまだ弱く、
いろんなものに感染しやすいと認識するべきです。

 

新生児の赤ちゃんに風邪をうつさないためには?

 

新生児の赤ちゃんが風邪に感染するうえで多いのが、
お母さんなど家族からの飛沫感染です。

 

せきやくしゃみに含まれるウィルスにより、
風邪をもらってしまうわけです。

 

そのため、お母さんや家族が風邪をひいた場合、
赤ちゃんにうつさないよう
マスクをつけるようにしてください。

 

室内であっても同じですよ、徹底しましょう。

 

また、お母さんのなかには母乳から
風邪がうつるのでは?と心配される方もいます。

 

これは心配する必要はありません、
母乳から風邪はうつりませんよ。

スポンサーリンク

母乳を飲むことで赤ちゃんは強くなりますので、
風邪をひいても、投薬治療をしていないのなら
積極的に授乳してくださいね。

 

もしうつってしまったら?

 

新生児の赤ちゃんに風邪がうつってしまった場合、
症状に応じた対応をしましょう。

 

鼻水、鼻づまりであれば鼻を吸います。
ドラッグストアなどに専用のものが
ありますので、それを利用しましょう。

 

それらを使っても取り除けないのであれば、小児科か耳鼻科へ。

 

電動の機械で、自宅では取り除けない
粘着性のものも吸い取ってくれますよ!

 

赤ちゃんは口呼吸が難しいので、
鼻詰まりの症状が見られたらこまめに吸ってあげてくださいね。

 

咳であれば加湿し、様子を見ましょう。
加湿することで咳が収まるケースがよくあります。

 

発熱している場合、赤ちゃんの機嫌を確認しましょう。
発熱していても機嫌が良ければ、自宅で様子見でかまいません。

 

脇の下を冷やすと放熱の手助けになりますよ、
ぜひ試してみてくださいね。

 

発熱してかつ機嫌が悪い場合は、病院へ。

 

夜間であれば「小児救急でんわ相談」
に電話で問い合わせてもよいでしょう。

 

いずれの場合も、症状だけではなく
赤ちゃんの機嫌をチェックすることが大切です。

 

症状が軽くても普段より機嫌が悪い、
異変を感じる場合は受診して構いませんよ。

 

お母さんのカンはどんな判断基準よりも正確なもの。
不安を感じた場合は病院を受診してくださいね。

スポンサーリンク