新生児の風邪の対処法は?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の風邪の対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんが風邪をひいてしまった!
お母さんやお父さんは小さな新生児の赤ちゃんが風邪をひいてしまうと、
とても不安になってしまいますよね。

 

では、新生児の赤ちゃんの風邪はどう対処したらよいのでしょうか?

 

まずは検温。機嫌の良し悪しの確認も。

 

鼻水を出したり咳き込むような様子を見せたら、検温しましょう。
平熱がわかるのであれば平熱を基準に。
平熱がわからなければ、乳児の発熱基準とされる37.5℃を基準にしましょう。

 

新生児の赤ちゃんの場合、38.0℃を超える発熱をしていたら病院を受診してください。
通常新生児の赤ちゃんは、風邪で高熱を出すことはほとんどありません。
38.0℃を超える場合、中耳炎や肺炎などの病気の可能性がありますので、注意しましょう。

 

つづいて発熱している、していないにかかわらず、
赤ちゃんのご機嫌はどうか様子を見てください。

 

いつものように機嫌よく過ごせているのであれば問題ありません。
発熱がなくてもぐったりしていたり、様子が異なれば病院を受診しましょう。

 

排泄・授乳ができているか

 

排泄、特におしっこがいつものように出ているかどうか確認しましょう。
発熱などの影響で脱水になっている場合、おしっこが出ません。

スポンサーリンク

うんちは色に注目しましょう。黄色や緑の場合は正常なうんちですが、
白かったり黒い場合は病気のサインです。

 

現物をビニール袋に入れて持参する、
または携帯電話のカメラで撮影するなどして病院を受診してください。

 

また、授乳も体調不良の際にサインが出やすいです。
いつもはよく飲むのに全く飲もうとしない、
口に含んではいるけど飲んでいないような場合は注意です。

 

体調不良で飲むことができなければ、脱水を引き起こす恐れがあります。

 

お母さん、お父さんは冷静に。

 

まだ小さいわが子が風邪で苦しむ姿は、
お母さんお父さんにとってとても痛ましいものです。
しかし、新生児の赤ちゃんを守れるのはお母さんお父さんだけ。

 

特に熱が高い場合は気が動転してしまいがちですが、
冷静になるように自分に言い聞かせましょう。

 

症状に気が付いたのが夜間の場合、救急診療を受診することになります。
救急診療は普段以上に時間がかかります。急いで受診したい気持ちはわかりますが、
おむつや着替えを忘れないようにしましょう。

 

この際、お母さんたちの着替えも忘れずに。
嘔吐などのアクシデントを想定して、準備してくださいね。

スポンサーリンク