新生児の風邪の治し方とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の風邪の治し方」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんがけほけほと咳をしたり、鼻水が出たり…。
人生で初めての風邪を、新生児のこの時期にひくことがあります。

 

新生児の赤ちゃん。お母さんの免疫があっても風邪をひくの?

 

こんなことを聞いたことはありませんか?

 

「生まれたばかりの赤ちゃんは、生後半年ごろまでお母さんから免疫をもらっていて風邪をひかない」

 

確かに、新生児の赤ちゃんはお母さんの免疫をもらっています。
しかし、そもそも新生児の赤ちゃんはまだ生まれて間もなく、いろいろな部分が未発達なもの。
免疫をもらっていても大人ほどの抵抗力があるわけではありません。
そのため、新生児の赤ちゃんも風邪をひくことがあります。

 

新生児の赤ちゃんの風邪の症状

 

新生児の赤ちゃんによく見られる風邪の症状は、咳や鼻水です。
特に鼻水は新米のお母さんたちを悩ませる大きな問題の一つ。
これから先、子供が自分で鼻をかめるようになるまでは大人が鼻水を取り除いてやらなければいけません。

 

赤ちゃんの鼻腔はとても小さく、少しの鼻水や鼻づまりでふさがってしまいます。
加えて赤ちゃんは口呼吸ができません。
鼻が詰まったまま放置しておくと、呼吸困難を引き起こす可能性があります。
赤ちゃんに鼻水の症状が出始めたら、なるべく早く鼻を吸ってあげましょう。
直接吸っても構いませんが、ドラッグストアや赤ちゃん用品店には鼻を吸引するための道具が販売されています。

スポンサーリンク

それらをうまく利用して、鼻水を除去してあげてください。
また、粘度が高い鼻水の場合、自宅ではなかなか除去できません。
そんな時は迷わず小児科へ。耳鼻科でもいいでしょう。電動の鼻水吸引機で除去してもらうことができますよ。
たかが鼻水で…と思わないことが大切です。
鼻水鼻詰まりを放置しておくと、呼吸困難だけではなく、中耳炎などのほかの疾患を引き起こす恐れがありますよ。

 

新生児の赤ちゃんが発熱したら

 

新生児の赤ちゃんに触れたら、いつもよりなんだか熱い。
そんな時は発熱しているかもしれません。

 

乳児の発熱の基準は37.5度とされています。これは、予防接種が打てなくなる制限の発熱でもあります。
しかし、乳児の場合赤ちゃんによって平熱がまちまちです。
普段から熱を測り、赤ちゃんの平熱を知るようにしてください。

 

発熱があっても、機嫌よく過ごせているのであれば病院を受診しなくても構いません。
新生児の赤ちゃんの場合、受診しても投薬がないことが多く、
また病院へ行くことでほかの病気に感染する恐れもありますので、
鼻詰まりや機嫌が悪いといったほかの異変がなければ、自宅で様子を見てよいでしょう。
いつもよりも水分をよく取らせてくださいね。

 

発熱があってかつ機嫌が悪い、他に異変がある場合は病院へ。
特に38度を超える高熱の場合は受診しましょう。高熱によっては解熱剤を処方してもらえますよ。

 

お母さんが「変だ」と感じたら病院へ

 

新生児の赤ちゃんはまだ、泣くことでしか自分を表現できません。
そのため、異変があってもなかなか気が付くことができないものです。
症状にかかわらず、お母さんが「なんだか様子が変だ」と感じたら病院を受診しましょう。
お母さんの勘は時に医師よりも正確なもの。
ご自分の直感を大事に、受診するか否かを判断してくださいね。

スポンサーリンク