新生児の顔の湿疹がひどい時は?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の顔の湿疹がひどい時」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんの中には、湿疹ができやすいタイプとできにくいタイプの赤ちゃんがいます。
ご自分の赤ちゃんが湿疹ができやすいタイプだった場合、何とかしてやりたいとお母さんは強く思うものです。

 

新生児の赤ちゃんの顔にできる湿疹

 

生後2週間から1カ月くらいの間には、赤いニキビのような湿疹ができやすく、
おでこや頬っぺたなどの皮脂が出やすい部分に特によく現れます。
2か月を目途に消失していくことがほとんどです。
ほぼすべての新生児の赤ちゃんに、差はあれど発生するといわれているものですから、
あまり心配する必要はありません。

 

しかし、初めのうちはぽつぽつとした湿疹だったものが、
どんどん膿んだり白く変化していくケースがあります。
この場合、湿疹が悪化しているのでよりしっかりとしたケアが必要です。

 

自宅でできる湿疹ケア

 

今現在、赤ちゃんに使っているボディケアはどんなものでしょうか?
最近では泡で出てくるボディソープもあり、そういったものを利用されている方も多いと思います。

スポンサーリンク

しかし、湿疹が出ている場合、ボディソープだと洗浄力が不十分だったり、添加物が刺激となることもあります。
湿疹ケアとしては、ベビー用の固形石鹸を使うとよいでしょう。
石けんをよく泡立て、皮脂をしっかりと洗い流してください。
ガーゼを用いると新生児の赤ちゃんの繊細な肌にも優しいので、お勧めですよ。
洗った後は必ずよく洗い流すこと。泡が残っていると雑菌が繁殖しやすく、より悪化させてしまいますよ。

 

また、自宅でできるケアとして寝具をこまめに洗う、という方法があります。
寝具には一日利用しただけで、汗や皮脂がうつりこんでいます。
頻繁に洗浄し清潔を保つことで、赤ちゃんのお肌に雑菌を繁殖させない手段となりますよ。
新生児の赤ちゃんと暮らしていると洗濯ものが多く、大変かもしれませんが、
ぜひ実践してみてくださいね。

 

それでも化膿がひどい場合

 

赤い湿疹は新生児にとってよくあるものですが、化膿してしまった湿疹はより手厚いケアが必要です。
まずは小児科を受診し、医師と相談してみましょう。
また、ケアを受けても治らないと感じているときは、別の医療機関を受診してみることも一つの手です。
小児科ではなく皮膚科へ行く、別の病院へ行くのは心苦しいと感じるお母さんもいるかもしれませんが
これもよくなるための手段です。ぜひ試してみてくださいね。

スポンサーリンク