新生児のげっぷのコツとは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のげっぷのコツ」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんがげっぷをしてくれない!
そう悩むお母さんは少なくありません。

 

新生児の赤ちゃんにげっぷさせる理由

 

そもそも、新生児の赤ちゃんにげっぷをさせるのには理由があります。
授乳の際に飲み込んでしまった空気を排出させるためです。
赤ちゃんは授乳の際、口を開けておっぱいや哺乳瓶に吸い付くわけですが、
その際に口から空気を飲んでしまう赤ちゃんが多いんですね。
特に新生児の場合、授乳自体になれていないため、空気を飲んでしまいやすいのです。

 

たまった空気をそのままにしておくと、
お腹や腸に空気がつかえて苦しく感じることがあります。
それが原因で泣いたり、不機嫌になる赤ちゃんもいます。
また、仰向けに寝ているときに空気がげっぷとして出てしまうと、
吐き戻しがあった際気管に詰まって窒息する恐れがあります。
そのため、あらかじめげっぷを促してあげるのです。

 

新生児の赤ちゃんにげっぷさせるコツ

 

新生児の赤ちゃんにげっぷをさせるには、空気を下から上に移動させてあげる必要があります。

スポンサーリンク

げっぷを出させる基本のやり方は、赤ちゃんの頭を肩にのせ、体をもたれかからせて背中をとんとんとする方法ですが、
このやり方に少しだけ工夫すると、げっぷをしやすくなりますよ。

 

ポイントは体の位置です。
通常は赤ちゃんの体が垂直になるように縦抱きし、赤ちゃんの頭だけを横向きにして肩にのせますが、
げっぷが出にくい場合赤ちゃんの胸も肩にのせてみましょう。
すると体勢が変わるため、空気が下から上に登っていきやすくなります。
ただし、このやり方の場合吐き戻しがあると汚れる範囲も広くなる恐れがあります。
事前に身の回りにバスタオルを敷くなどしておくとより安心して行えますよ。

 

同じく空気の移動を助けるやり方として、一度赤ちゃんを寝かせて抱き起す、という方法もあります。
体が寝た状態から起き上がることで腸内の動きを促し、排出しやすくなりますよ。

 

いずれの場合もポイントは空気を動かす、ということです。
赤ちゃんのお腹の中に空気があることをイメージして、げっぷしやすい姿勢を作ってあげましょう!

スポンサーリンク