新生児のげっぷが出ない時は?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のげっぷが出ない時」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんに授乳した後、必ず行うのがげっぷです。
赤ちゃんはおっぱいや哺乳瓶から授乳する際、一緒に空気を飲み込んでしまいます。

 

それが原因でお腹に空気が溜まってしまいますので、
飲み込んでしまった空気を外に排出するために、げっぷを促します。
しかし時には、いくらげっぷを促しても出ないこともあります。

 

げっぷが出ない理由

 

げっぷが出ない理由として、空気を飲み込むことなく
上手に授乳できているケースがあります。

 

特に哺乳瓶を使っている場合、おっぱいからの授乳に比べ
空気を飲み込みにくく、げっぷが出ないことがあります。

 

新生児の赤ちゃん本人が苦しそうにする様子もなく、お腹も張っておらず、
次の授乳まで吐き戻しもなければ上手く飲めているのでしょう。

 

また、げっぷではなくおならとして排出している場合もあります。
赤ちゃんにもいろんな体質があり、
げっぷしやすい子もいれば、おならをしやすい子もいます。

スポンサーリンク

授乳の最中におならをして、飲んだ空気を排出しながら
またミルクを飲む、という子もいるんですよ!

 

げっぷが出なくてもおならをしているなら、
げっぷが出ないと心配する必要はありませんよ。

 

げっぷが出ないときはどうするべき?

 

げっぷが出なくても、本人が苦しそうにしていなければ心配ありません。
肩に縦抱きにして背中を撫で上げるやり方をしている人が多いと思いますが、
5分経っても出ないようならおろしてあげてくださいね。

 

胃や腸にたまった空気は、動かしてあげなければ排出できません。
縦抱きで出なければ、一度横に寝かし、もう一度起き上がらせてみましょう。
体勢を変えることで動きが活発化し、げっぷやおならが出やすくなりますよ。

 

やり方を変えてもげっぷが出なかったり、げっぷが出る前に寝てしまった場合は
体を横にして寝かせてあげましょう。

 

万が一寝ている最中に吐き戻しをしても、
横向きであれば気道に吐瀉物が詰まらずにすみますよ。

 

その際、バスタオルを丸めて背中に添わせてあげると、仰向けに戻りにくくなります。
また、体の右側を下にしてあげると、体の構造上消化を促しやすくなりますので
ぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク