新生児のげっぷが出ないで寝る時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のげっぷが出ないで寝る時の対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんに授乳した後は、どのお母さんもげっぷを促すと思います。
すんなり出てくれる時もあれば、いつまでたっても出ない…そんなこともありますよね。
げっぷが出ないままに寝てしまって焦ったという経験があるお母さんも多いと思います。

 

では、新生児の赤ちゃんがげっぷをしないままに寝る際には、
どうしたらいいのでしょうか?

 

げっぷは必ずしも出るわけではない

 

まず初めに知っておいてほしいのが、
げっぷは必ず毎回でるわけではないということです。

 

そもそもげっぷは授乳の際に一緒に飲み込んでしまった
空気を排出する目的でさせているもの。
吐き出すほどの空気を飲み込まなければ、げっぷは出てこないことだってあるのです。

 

げっぷをしなかった場合はどうしたらいい?

 

げっぷが出なかったからといって、必要以上に心配する必要はありません。
本人が苦しそうにしていなければ大丈夫ですよ。

 

げっぷをさせる際に肩に担ぎあげて促すお母さんが多いと思いますが、
目安として5分程度促しても出なければ、切り上げましょう。

スポンサーリンク

げっぷをしないまま寝てしまう時はどうしたらいい?

 

赤ちゃんの中には授乳中に寝てしまったり、
げっぷを促している最中に寝てしまう赤ちゃんもいます。
そんな時は、仰向けに寝かせるのではなくて横向きに寝かせてあげましょう。

 

その際、可能であれば赤ちゃんの体の右側を下にして寝かせましょう。
胃の出口は右側にあるため、右を下にして寝ることで消化しやすくなり、
吐き戻しを減らしてくれることがあります。

 

横を向かせても体の重みであおむけに戻ってしまったり、
うつぶせになってしまうことがありますので、
寝かせた後は赤ちゃんの体に添って丸めて棒にしたバスタオルを添えることを忘れずに。

 

もちろん、この体制を取らせた場合はそばで様子を確認できるようにしてくださいね。
このように横を向かせることで、吐き戻しを起こしたときに誤嚥しにくくなりますよ。

 

また、時々寝ながら大きな音でおならをする赤ちゃんもいます。
赤ちゃんの中には飲んでしまった空気を、
げっぷではなくおならとして排出する子もいるんですよ。

 

飲んでしまった空気の排出方法にも、赤ちゃんそれぞれの個性があるんですね。
授乳=げっぷする、と思わずに、
赤ちゃんそれぞれのスタイルを知ってサポートしてあげてくださいね!

スポンサーリンク