新生児のげっぷが出ないで苦しそうな時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児のげっぷが出ないで苦しそうな時の対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんがげっぷがでない、ということはよくあることです。
しかし、げっぷが出ないことで苦しそうにしている場合は、げっぷが出やすくなるように促してやる必要があります。

 

げっぷが出ないときの対処法

 

げっぷが出ないときは、飲み込んだ空気を下から上に移動させることを意識して働きかけを行いましょう。

 

1.一度寝かせて抱き起す方法

 

新生児の赤ちゃんを一度寝かせ、再び抱き起す方法です。
横に寝た状態から、縦に起き上がることで空気の移動を促します。

 

2.赤ちゃんの体を前かがみにさせる方法

 

赤ちゃんの体を前かがみにすることで、空気が登っていきやすくしてやる方法です。

 

普段げっぷをさせる際、赤ちゃんの頭を肩に乗せ、垂直になるように縦抱きにしていることが多いと思います。
この状態で、赤ちゃんの頭を支えながら胸までを肩にのるよう持ち上げてみてください。
垂直の状態に比べ、体の位置が変わることで空気が移動しやすくなります。

 

また、同じ理由からこんなやり方もご紹介します。
まず赤ちゃんをお母さんの太ももに横向きに座らせます。

スポンサーリンク

お母さんのお腹と接している体側を手前、接していない体側を奥とします。
奥にある赤ちゃんの脇に、赤ちゃんのお腹側から手を回し、体を支えましょう。
その時、垂直に座らせるのではなく、前かがみになるように支えます。
その状態で背中をとんとんしたり、下から上に撫で上げてください。
この方法も先ほどと同じで、空気の移動がしやすくなりますよ。

 

お腹を「の」の字にマッサージしたり、寝かせた状態で足をもって動かしてやるのも
腸運動を促すための方法の一つです。
お母さんと赤ちゃんがやりやすい方法を試してみましょう。

 

それでも出ない場合

 

様々な方法を試したものの出ない場合、横向きに寝かせてみましょう。
その際、赤ちゃんの体は右側を下に向けてください。
胃の出口は右側にあるので、右を下に向けることで動きをスムーズにしてくれます。
横向きに寝かせることで、胃の中の動きを促進し、げっぷをうながします。

 

また、横向きに向かせるのにはもう一つ大きな理由があります。
万が一吐き戻しをした際にのどにミルクを詰まらせないためです。
仰向けの状態で吐いてしまうと、気管にミルクがつまり窒息してしまう危険性があります。
そのため、げっぷが出ずに苦しんでいる状態の場合は必ず横向きに寝かせましょう。

スポンサーリンク