新生児の便が緑の時の原因と対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「新生児の便が緑の時の原因と対処法」についてお話します。

 

新生児の赤ちゃんのうんちは、大人とは違う色をしており初めは驚きますよね。
黒から黄色に変わりおむつ替えにも慣れてきたころ、おむつを取り替えようと脱がせてみたら…緑色のうんちが!
この緑色の便、新生児の赤ちゃんに異変が起きた証なのでしょうか?

 

緑色の便はよくあること

 

実はこの緑色のうんち、珍しいものではありません。
簡単に言えば、「酸化したうんち」なのです。

 

新生児の赤ちゃんのうんちは、通常黄色をしています。
これは胆汁の成分の色がそのまま反映されることが原因です。
この黄色は、酸化することで緑色に変色する性質を持っているのです。

 

どういう時に酸化してしまうの?

 

酸化してしまう理由はいくつかあります。

 

1つ目は、排泄されたうんちが空気に触れて酸化するケースです。
うんちしたことに気が付かずそのままになっていると、排泄後空気に触れて酸化し、
おむつを取り替えるころには緑色になっていた…というわけです。

スポンサーリンク

2つ目は、体内で酸化してしまうケースです。
飲んだミルクが体内にとどまる時間が長いと、ミルクは発酵してしまいます。
特に多いのが、ミルクを飲みすぎている場合です。
新生児の赤ちゃんの腸は、大人ほど水分を吸収することができません。
そのため、吸収しきれなかった分は腸内にたまり、たまった分だけ排泄に時間がかかってしまいます。
排泄に時間がかかると、体内で発酵しガスが発生、たまっている便は酸化されてしまいます。
つまり緑色のうんちは、時に飲みすぎのサインにもなっているのです。

 

便秘気味で緑色のうんちが出たら

 

新生児の赤ちゃんが便秘気味で緑色のうんちがでたら、医師に相談してみましょう。
その際、おむつの実物か写真に残したもの、授乳の回数や量をメモしたものを用意していくといいですよ。
お母さんの話や授乳状況、排泄状況から飲みすぎだと判断されれば、
授乳について医師や助産師からアドバイスや指導をもらうことができます。
特に問題ない、といわれた場合は、あまり深く考えすぎないこと!
新生児の赤ちゃん相手だとほんの少しの異変で深く悩んだりしますが、
問題ないとお墨付きをいただいたのであれば、肩の力を抜きましょうね。

 

うんちは新生児の赤ちゃんの元気のバロメーターでもあります。
流れ作業にせず、毎日しっかりと確認するようにしてくださいね!

スポンサーリンク