赤ちゃんのレッグウォーマーは絶対に必要だとは言えない!

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんのレッグウォーマーは必要なのか」についてお話します。

 

冬、赤ちゃんの手足が異常に冷たくてびっくりしたお母さんも多いはずです。
靴下を履いていても足が冷たい、そんな経験もあるでしょう。
赤ちゃんの体温は大人より高いはずなのにどうして?
温めてあげなきゃ。レッグウォーマーを購入するべきなのでしょうか?

 

そもそも赤ちゃんの体温って?

 

まずは赤ちゃんの体温について知りましょう。
赤ちゃんが風邪などをひいたときのいわゆる「発熱」は37度5分以上を言います。
通常37度〜37度5分が正常な体温で、大人よりも高めです。

 

ですから大人より衣類は1枚少ないくらいが良いとされていますね。

 

赤ちゃんには皮下脂肪が少ないことが原因で、
基本的には暑さ、寒さに対して十分な温度調節ができず、

 

お風呂上あがりなどに服を着せすぎたりすると、
一気に38度くらいに上がったりしますが、
衣類を少なくし様子を見ていれば下がってきます。

 

逆に低体温は要注意です。感染症など病気の疑いさえあります。
新生児の時期は特に毎日体温を測るなどして普段の体温を把握し、
極端に高い、または極端に低い時には受診しましょう。

スポンサーリンク

手足が冷たいのはどうして?

 

赤ちゃんはまず大前提として、手足が冷たいのが普通なのです。
冷たいのが異常なのではありません。難しいメカニズムについては省きますが、
「赤ちゃんは手足で体温を調整している」というのが理由です。
元気に動いていて体温が一定に保てていれば、手足が冷たくても問題ありません。

 

靴下とレッグウォーマーは必要?

 

厚めの靴下で足先を温めると、末端の毛細血管が緩み、
熱が逃げていってしまいます。

 

また、手足が外気に触れることはむしろ良いことで、
物にも触れることができるので脳への刺激となり、
健全な成長を促すことにつながります。

 

手足を必要以上に覆う必要もなく、そのまま様子を見ていて問題ありません。

 

最後に本題となりますが、
体調や気候に合わせてレッグウォーマーやレギンスを利用すると良いでしょう。

 

外気に触れて良いのは手先、足先ですから、
ふくらはぎ、二の腕等は冷たくならないようにしっかり防寒するという意味では、
レッグウォーマーは役立ちます。

 

以上、赤ちゃんの体温と関連してレッグウォーマーの必要性をご紹介しましたが、
最近は裏起毛の暖かいズボンなども簡単に手に入りますから、
着脱が面倒とお考えのお母さんはわざわざ購入する必要もないでしょう。

 

赤ちゃんは本当に寒い時には泣いて訴えますから、
寒そうにしていれば対策として使用すれば良いです。
必要か?と聞かれれば「ないといけない」ものではありません。

スポンサーリンク