パンパースを新生児はいつまで使うの?

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんをお迎えする際に、頭を悩ませるものの一つがおむつです。
新生児が使えるおむつは各メーカーから販売されており、
初めての赤ちゃんであればなおさらどれを使っていいのかわからず、悩んでしまいますよね。

 

そのため、出産した病院で使用していたおむつを
継続して利用するお母さんは少なくありません。

 

産科利用率が高い「パンパース」

 

産科において利用率が高いおむつといえば、パンパースではないでしょうか。
パンパースが販売している新生児おむつは2種類あり、
お母さん方の間では「紫」「緑」とパッケージカラーで呼ばれることもあります。

 

一般的なパンパースの新生児サイズが、緑のパッケージの新生児用です。
紫のパッケージのパンパースは緑のものよりもさらに肌触りがよい、少しリッチなものです。
このいずれかを出産した病院で使っていて、そのまま継続している家庭は非常に多いです。

 

いつまでパンパースを使う?

 

おむつはいろんなメーカーから様々な種類が販売されています。
「とりあえずパンパースを使っているけれど、いつから違うものにしてもよいの?」
そんな疑問をもっている方もいらっしゃると思います。

 

結論から言えば、いつまででもOKなんです。
出産した病院ではパンパースだったけれど、
退院してからはメリーズを使ったってもちろん構わないわけです。

 

おむつ卒業までパンパース一筋という方もいらっしゃいます。

 

おむつはメーカーによってデザインが異なります。
一日に何回も取り換えるものですから、
お母さんの好みの柄を利用するのも一つの手段ですよ。

 

また、同じ新生児用であってもメーカーによっておむつの形状やサイズが微妙に異なります。
太もも周りがきつめにできているものもあれば、全体的に大き目なものもあります。

スポンサーリンク

違うメーカーにチャレンジしたものの、
赤ちゃんの体型に合わなかったということもよくあるんですよ。

 

異なるメーカーのものを試す際は一度に何袋もまとめ買いせず、
一袋買って赤ちゃんの体型に合うか確かめるようにしましょう。

 

パンパースから異なるメーカーに切り替えて、サイズが合わなかった場合

 

多少合わない程度ならよいのですが、太ももが開いてしまい、
おしっこやうんちが漏れてしまいどうにもならない…ということもあります。

 

そうなった場合また異なるメーカーのものを利用すると思いますが、
その際使わなかったおむつはどうしたらよいでしょうか?

 

大事に保管しておいて、トイレトレーニングの際に汚れた床をふくのに使った、
というお母さんもいらっしゃいますし、
知り合いのお母さんに譲渡したというお母さんもいらっしゃいます。

 

しかし、気を付けたいのは後者の場合です。

 

新生児の赤ちゃんを子育てするお母さんは、多かれ少なかれ神経質になっています。
そのため、お母さんによっては利用するおむつのメーカーにこだわりがあったり、
開封済みのものをもらっても衛生面で不安がる方もいらっしゃいます。

 

特に初めての赤ちゃんの場合、そういったこだわりが顕著になります。
自分は良かれと思っても、相手からすると対応に困る場合もありますので、
譲渡を考える際にはよく検討してからにしましょう。

 

同じように赤ちゃんを持つ者同士長く付き合っていけるよう、
気を遣うことも忘れないでくださいね!

スポンサーリンク