赤ちゃんの目やにが片方の時の対処法は清潔にすること!

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんの目やにが片方の時の対処法」についてお話します。

 

赤ちゃんとは心配が多い!

 

生まれてすぐの赤ちゃん、ママやパパは様々なことが心配になります。
なにも話せない、泣くことしかできない赤ちゃん。
泣き続ければ、どこか痛いのではないか?どこか具合が悪いのではないのか?

 

ほんとにいろんなことが不安になりますね。
そのなかでも目やに。
生まれて数日して目やにが多く出ていることがあります。

 

なぜ目やにが出るの?

 

ずっと、お母さんのお腹で守られてきた赤ちゃん。
生まれて外気に触れていきます。
もちろん、目もいろんな刺激を受けます。

 

新生児から生まれて間もない赤ちゃんは、
空気中のほこりや雑菌がたまって目やにが出ます。
結膜炎のものも多くみられます。

 

あかちゃんはほっぺがふっくらとしているために、
下まぶたに生えている逆さまつげが、
内側に入っている状態でも目やには出やすいです。

 

そして時々片方だけ目やにが出ていてなぜなのか、
病院を受診したほうがいいのか
悩んでいる人も多くいます。

 

もしかしたら「先天性鼻涙管閉塞」の可能性もあるのかもしれません。
症状としては目やにとあとは涙が出やすいことです。

 

成長とともに鼻涙管も大きくなるため、
自然治癒することがほとんどなので清潔に
保っていれば怖くないものです。

スポンサーリンク

赤ちゃんの目やにが片方の時の対処法とは?

 

まずは清潔にすること。
赤ちゃんは顔を拭くことを嫌がります。
嫌がるからとなかなかキレイにできないと目から菌が繁殖することもあります。

 

また、頭を押さえてきちんと拭いてください。
清潔なガーゼを濡らしたもの、
清浄綿などキレイな布で優しく拭いてあげてください。

 

目頭から目尻とよく言われていますが目の真ん中から目頭、
目尻のほうへ拭いてあげたほうがたまった汚れが他の場所につきません。
同じ場所を同じ布の場所で拭かないようにしてください。

 

布についた汚れがまた目の周りについてしまうので、
1度拭いたら違う部分の布で拭いてあげましょう。

 

それでもよくならなければ小児科や眼科の受診をして、
相談することをおすすめします。
抗菌剤などの目薬が処方されるのでしっかしさしてあげてください。

 

ただ泣いていると薬が入らないので、
泣きやんでいるときに点眼しましょう。

 

不安なことが続いた時は?

 

きっと役場など相談する場所が近くにあります。
児童センターでも相談できるので、
病院までいくのは気がひけるという方は、
役場の相談場所で相談し楽しく育児をしていきましょう。

スポンサーリンク