赤ちゃんの鼻水に血が混ざる時の原因と対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんの鼻水に血が混ざる時の原因と対処法」についてお話します。

 

季節に関係なく、赤ちゃんはよく鼻水を垂らします。
風邪を引いた、ほこり、気温の変化、乾燥や泣いた時でも、
赤ちゃんの鼻水には一年中色々な原因があります。

 

そんな日常的な鼻水にいきなり血が混ざっていたら驚いてしまいます。
しかし、赤ちゃんの鼻水に血が混ざっていても、
ほとんどの場合は大人の鼻血と同じ原因です。

 

焦らず対処するためにも、その原因と対処法をご紹介します。

 

鼻水に血が混ざる原因とは?

 

まず赤ちゃんは鼻の粘膜が大人にくらべると、
傷つきやすく、鼻血が出やすくなっています。
鼻血とは、鼻の粘膜の一部で、キーゼルバッハ部分という場所が傷つき、
鼻腔の毛細血管から出血する事で起こります。

 

病気よりも、直接的な傷が原因であることが多いです。

 

さらに鼻の中の粘膜が傷つく原因は、外部からの刺激によることが多く、
鼻水吸い器や綿棒、赤ちゃんが自ら指を鼻に入れてしまったことや、
転んだ時に鼻をぶつけたことなどが挙げられます。

 

一方、注意しなければいけない場合は、あまりにも頻繁に鼻血が出る、
血が止まりにくい時で、白血病や友血病などの血液の病気や、
血小板の異常が疑われるため医療機関に受診することをお勧めします。

スポンサーリンク

鼻水に血が混ざった時の対処法とは?

 

赤ちゃんの鼻水に血が混ざっていたら、
最初は驚いてしまうと思いますが、落ち着いて対処しましょう。
まずは赤ちゃんの上体を起こし、前を向かせます。

 

血が出ているのがどちらの鼻の穴か確認し、
血が出ている側の鼻を鼻骨に向かって抑え、圧迫止血します。

 

赤ちゃんを仰向けにすると、
血が喉の方へ流れてしまうので、
体を起こしてあげた方が良いです。

 

また、赤ちゃんは鼻呼吸なので、
出血している方の鼻の入り口を
ティッシュで軽く押さえる程度にして下さい。

 

大人のように丸めたティッシュや脱脂綿を詰めると、
余計に鼻の粘膜を傷つけてしまう可能性があるため、
垂れてきたものを拭く程度で十分です。

 

恐らく、嫌がって鼻には詰めさせてくれないでしょう。

 

出血が止まってからしばらくは、
入浴など体温が上昇する行動は、
再度の出血を誘発してしまうため、控えた方が無難です。

スポンサーリンク