赤ちゃんが下痢で粘液の時の対処法とは自己判断しない!

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんが下痢で粘液の時の対処法」についてお話します。

 

赤ちゃんのうんちチェックは健康状態を知るために大切なことです。

 

赤ちゃんのうんちは緩いことも多いので初めて子育てをするお母さんは
戸惑うことがあるかもしれませんが、
色や粘液によってある程度見分けて対処をすることができます。

 

どんなのが下痢?粘液は危ない?

 

赤ちゃんは言葉で体調不良を訴えることが出来ないので、
お母さんやお父さんはしっかりと観察する必要があります。

 

うんちの色は母乳を飲む赤ちゃんなら黄色、
ミルクを飲む赤ちゃんなら茶色がかっていることが多いのですが、
緑色っぽくなっていても心配はないことが多いです。

 

心配なのは白っぽい、グレーっぽい、血液が混ざっているような色、
明らかに水分が多かった時や突然回数が増えたときです。
何らかの病気である可能性もあるので病院へ行きましょう。

 

またうんちと一緒に粘液が出たり粘液しか出ないという事があります。
粘液は大腸の壁が傷ついて修復しようとする働きから出てくるものです。
悪いものというわけではありませんが、
下痢と一緒に出てくるのであれば注意が必要です。

スポンサーリンク

下痢で粘液も出てくる時はどうすればいい?

 

まず、赤ちゃんが下痢のときには様子を観察してみてください。
ぐったりしていたり発熱して食欲が無かったりしますか?
その様な時に粘液が混じっているのであれば「細菌性胃腸炎」が疑われるので、
迷わず病院で診てもらうようにしてください。

 

また粘液が混じっていなくても、
赤ちゃんの体力が落ちていくのですぐに病院へ行くことをおすすめします。

 

下痢のときの対処法は?

 

下痢が続く場合は脱水症状になる可能性があるので、
こまめに水分補給をさせてください。
ただし下痢の種類によってはミルクや母乳を与えると、
悪化してしまう場合もあるので、医師の指示に従うようにしてください。

 

大切なのは自己判断せず病院で診てもらい原因と対策を知ることです。
また下痢のときにはお尻がかぶれやすくなります。おしりふきだけではなく、
できるだけお湯を使って優しく洗い流してあげるようにしてくださいね。

スポンサーリンク