赤ちゃんのあせもがお腹の時の対処法とは?

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんのあせもがお腹の時の対処法」についてお話します。

 

赤ちゃんの肌は弱い!

 

赤ちゃんの肌といえば、きれいでつるつる、吸いつくようにしっとりで、
やわらかいというイメージを思い浮かべます。
しかし、赤ちゃんに肌トラブルは非常に多く、
しっかりとケアしてあげないといけません。

 

代表的なものに、あせも、乳児性湿疹、アトピー性皮膚炎があります。

 

あせもはその中でもナンバーワンに輝く赤ちゃんの大敵です。
背中やお腹にぷつぷつと出来てしまうあせもですが、
時にはかゆみを伴うこともあり、夜泣きの原因ともなります。

 

日ごろからしっかりケアをして、赤ちゃんのお肌をまもりましょう。

 

あせもとは?

 

あせもとは、大きく分類すると湿疹の一種であると言えます。
汗疹、と漢字で書くように汗と関連があります。

スポンサーリンク

あせもは赤ちゃんから子供に多い肌トラブルの一つで、
肌にある汗を出す穴である汗腺が何かの原因で詰まってしまい、
汗がしっかりと出せなくなると炎症を起こしブツブツとかゆみを伴うあせもが出ます。

 

体温の高い赤ちゃんは汗をかきやすいうえ、
大人と同じ数の汗腺があるため、大人が思ている以上に汗をかいています。

 

おむつのギャザーで密封されているところなどや、
お母さんの抱っこで密着するお腹や背中に出来やすいと言えるでしょう。

 

あせものケアとは?

 

それでは、あせもがお腹に出来たときの対処法についてご紹介します。
プツプツ赤くできてしまうあせもですが、一番の大敵は汗です。
肌を清潔に保ち、汗をこまめに拭いてあげることが重要です。

 

加えて汗腺の働きをメンテナンスするために必要なのが保湿です。
汗を拭きとりすぎて、肌の油分まで取り去ってしまうと、
肌を保護しようとする働きから肌は脂を出します。

 

この脂が汗腺に詰まると、さらにあせもを悪化させかねません。
お風呂上りに保湿ローションやワセリンで保湿をするのはもちろん、
日中もおむつ替えの時などに2、3回、こまめに保湿をしてあげるのが良いでしょう。

 

夏に多いと思われがちはあせもですが、冬にも起きます。
一年中、しっかりとケアをして、赤ちゃん肌を保ちましょう。

スポンサーリンク