赤ちゃんの手足バタバタが激しい理由とは?

スポンサーリンク

ここでは、「赤ちゃんの手足バタバタが激しい理由」についてお話します。

 

生まれたばかりの赤ちゃんと生活を始めると、
赤ちゃんの気持ちがわからずに焦ってしまうということがありますよね。

 

特に初めての出産を終えたばかりのお母さんは、
赤ちゃんの気持ちがわかってあげられない…と沈んでしまう傾向にあります。

 

新生児の赤ちゃんが急に手足をバタバタさせるように!

 

まだまだふにゃふにゃと柔らかく、
母乳を飲むのもいっぱいいっぱいの新生児の赤ちゃん。
しかし、生後2・3週間ごろを境に、急に手足をバタバタとさせるようになります。

 

今までしずかに横になっていることが多かっただけに、
急な変化に「なぜ?」「具合が悪いの?」と
心配になってしまうお母さんは少なくありません。

 

この手足バタバタの行動、実は赤ちゃんが
自分の体を動かせるようにするトレーニングの一環なんです!

 

ご機嫌に手足をバタバタ。お母さんは応援してあげて!

 

機嫌よく手足をバタバタさせているときは、まさにトレーニングの真っ最中です。
また、手足をバタバタさせることで自分の体が
揺れることを楽しんでいることもあります。

スポンサーリンク

寝ていたはずの赤ちゃんが急に動き出して驚くかもしれませんが、
不安がらず、積極的に声掛けをしてみましょう。

 

「ご機嫌だね!」「たくさん動けてすごいね!」「楽しいね!」と、
応援の声をかけてあげることで赤ちゃんは喜びますよ。
赤ちゃんのトレーニングを介して、親子のコミュニケーションを図ってみてくださいね。

 

機嫌が悪い、泣きながら手足をバタバタは気づいてのサイン

 

機嫌悪く唸り声をあげたり、泣きながら手足をバタバタとさせる場合は
赤ちゃんからの「気づいて!」のサインです。

 

例えば、授乳後横にしたら手足をバタバタさせて泣き出した…このような場合、
お腹が張って苦しいのかもしれません。

 

げっぷがし足りなかったり、たくさん飲んで
胃が圧迫されている可能性があるので、体制を変えてあげたり、
げっぷを促してあげましょう。

 

授乳中に手足をバタバタとさせながら唸り声を上げるような場合、
母乳がいつもと違う味になっているのかもしれません。
授乳前の食事で匂いのきついものや味の濃いものを食べませんでしたか?

 

にんにくや揚げ物は母乳の味に影響を与えやすく、
変化した母乳の味に不満があって手足バタバタをさせることはよくあることです。
心当たりがある場合、食生活を見直してみてくださいね。

スポンサーリンク